東京育児生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

息子の小児がんが発覚、初回来院から入院決定までの序盤の記録

人生はなにが起こるかわからない。

今週それを痛感する出来事があった。(タイトルの通り)

 

このブログを読んでいる人のなかに、私の友人が一人いる。

なので書くかどうか迷ったのだけど、今後私はこの事態に向き合うことに決めた。

 

となると、

身近な人に隠すようでは向き合っているとは言えない。

だから、書き残すことにした。

 

息子が小児がんになりました。

ウィルムス腫瘍というもので、手術のあとに抗がん剤治療が必要です。

あとで詳しく書くけど、発覚の2日後には手術を行い、手術は無事成功しています。

 

◆経緯

息子は0歳から保育園に通っている。

なので風邪の移し合いはよくあるのだけど、今回は発熱が長かった。

 

起こったことを羅列すると、こんな感じ。

金曜:保育園から発熱にて呼び出し

土曜:病院へ。数日様子見とのこと。

日曜:熱が続く。

月曜:熱が続くため、再度病院へ。

   血液検査で異常値が出たため、再度検査。結果変わらずのため大学病院紹介。

   大学病院で各種検査。

   最寄りの、専門医のいる病院へ救急車にて搬送。

   入院へ。

 

◆経緯に対する所感

あまりおかしな(不手際というか)行動はしていないと思う。

唯一あるとすれば、土曜に初めて来院した時点で血液検査をしたら、発覚が早まったのかもしれないが、その程度。

 

仮に1か月前に発覚していても、多少腫瘍のサイズが小さいことがあったとして、行うことは同じなので、誰を責めることもない。

それでいうと、この病気は10,000人に1人の発生確率らしいので、一瞬神を恨んだりもしたが、手術が成功した以上、神に感謝すべきだと思っている。

 

◆それ以外に思ったこと

入院編、手術編、などは別に改めるとして、今回の記事では序盤の記録を。

 

まさか、自分の息子ががん患者になるなんて思ったこともなかった。

会ったことのある人は知っていると思うけど、100メートルの道があれば80メートルは走っているような子で、とにかく元気で声も大きく、その方面で苦労していた。

 

なので、単に大きなおできができた、くらいに思っていた。

おできというのは便利な言葉だと改めて思う。

 

実際おできであることは間違いなく、だけど、一つあるのは、それが悪性であったということ。

がんというと人生終わりな感じがあるが、要は、小児がんの中に、さまざまなもの(白血病含む)があり、おできかつ悪性のものも小児がんに含まれる、ということらしい。

 

これはもっとシンプルな言い方があると思うけど、面倒なのであとにする。

 

序盤に思ったことは、ただ一つ、おできを取れば大丈夫だよね、よかった。

 

でも。

その見解が甘いということを匂わされ、数か月、という期間のめどを伝えられ、暗澹とした気持ちで帰宅したのが、入院初日でした。

 

◆今の私

今の私は、元気です。

だけど、心の扱い方がまだ、うまくできない。

 

家にいるのがつらいし、どうしたらいいんだろう。

だからブログを書くことに決めました。

 

たぶん、とっても脈略のない文章の連続になると思う。

これは、誰のためでもない自分のためのもの。

 

いつか懐かしく読み返せたらと思っています。