東京育児生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

熱意には勝てないのかもしれない、そう信じたい

私は今、やりたいことが多すぎる。

本業会社印の方でも、どうしても達成したいことがある。

副業というか、ライフワークのように取り組んでいるプロジェクトでは、もっともっとやりたいことがある。

 

さらに、会社の中の活動として、部活というのも作っている。

当然ながらこれはなにか金銭的なメリットがあるわけではなく、出世的なものに効くわけでもなく、ただただ実験の場所。

 

だけど、最近思っていることがある。

祈っている、に近いかもしれないけど。

 

それは、思いのある人には勝てないのではないか?ということ。

ちなみに私は、思いや熱意だけで乗り切ってきたタイプです。

 

というのも、結局会社員なんて、器用な人は吐いて捨てるほどいる。

正確性のものすごい人もいるし、もちろん頭のいい人も。

 

だけど、そんな彼らが頭を使って使って、考えて考えても、できないことがある。

求心力というか、チームビルディングというか。

 

反面、おおざっぱで不器用で、とくに得意なことのない私が同じことをすると、考えに考えなくても、自分なりの考えに基づいて行動することで、ある程度の効果を生めることがある。

 

これがきっと、ほんとうは、自分の得意領域というものなんだろうと思う。

(息を吸うレベルでできること、かつ人に喜ばれることが、得意領域なのだと言った人がいた。最近この言葉を考えている。)

 

ただこれ、ビジネス的にどうなのと思うところもあって。

バカっぽいし。わかるひとにしかわからないし。

 

だからこそ、居場所、戦う場所はとっても大事なんだよな、と。

そう、どこでも自分らしく働ける、ライフワークを全力でできる、そんな自分になりたいのです、結局。