東京育児生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

おせっかいもほどほどに(自戒)

たまに不安になることがある。

最近とくに。

 

たとえば、

・最近どんどん髪を短くしているけど、このままだとおばちゃんになる頃には大竹しのぶでは?(大竹しのぶはいいけど自分じゃキツイ)

・最近スパンコール好きが加速してるけど、このままだとおばちゃんになる頃にはギラギラおばさんでは?大阪的な?

 

だけどこんなことはまぁ、どうでもいい。

私の見てくれの話だから。

 

大事なのがこれ。

・私のことを『パワフルにいこう!今日も元気で頑張ろう!』みたいなこと言う人、と思っている人たちが、距離を感じて、心を閉ざしてしまうのでは?

 

というのも、これに似た失敗は、過去に何度も経験しているから。

 

その失敗をたどっていくと、私の視点での言い訳は、一言で言えばこれ。

『よかれと思って…。』

 

だけど、これって危険だな、と育児をするようになって痛感していて。

 

世に言う老害たちも、きっと、よかれと思って言っているに違いないのだ。

それが例えば母乳の方がいいとか、保育園に0歳から入れるのはかわいそうだとか、非科学的で根拠のなさそうなことであっても。

 

急にどうした、と言う感じだが、背景がある。

 

今私は、会社の、ある層の人たちが元気に、イキイキと前向きに積極的に行動できることを祈って、部活を作っている。

まさにそれ自体がおせっかいなのかもしれないけど、でも、わかってほしくて。

 

私のことを知る人は、パワフルだとか前向きだとか表現してくれることが多い。

だけど、これは私が行動力があるとか自信があるから、とかではない。むしろない。毎日そんな自分に絶望している。

 

だけど、私には幸いにも、自分よりすごい人たちと触れ合うきっかけが与えられた。

そのきっかけをもたらしたのは自分の行動なので、その点においては自分を褒めたいとも思うけど。

 

で。

私はそんな、自分よりすごい人の生き方を、そのエッセンスをまとめていった結果、行動こそ全てだと理解した。

その結果として、とにかくやる、人を巻き込む、みたいなことを徹底しよう、みたいな頭になっている。

それが見る人にはパワフルに見えるのかもしれない。

 

けど、大事なのは、私は何者でもないということで。

たいして何ができるわけでもないということで。

 

ただ、誰にでもできることをやっている。

だから再現性が高いし、誰にでもできるはずで。

 

やばい、まとまらない。

まとまらないけど電車が来てしまった。

 

あとで編集する。