30代中盤。妊娠出産育児と新生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

有意義な飲み会に参加して。育児中の飲み会参加について

まずはじめに、育児中には誰も彼もができるわけではないし、できる環境がすごく恵まれたものだということを理解しています、という前置きを置きつつ。

 

育児は協力してやるべき。

母もたまには外に出るべき。

 

というのも、昨晩は社外でやっているプロジェクトの飲み会でした。

ここ最近、飲み会がつまらなくなっていた私。

その理由がわかりました。

 

復職してから参加する飲み会は、会社の歓送迎会とか社長を囲む会とか、社内のものがほとんどだったから。

 

気軽に息子を預けられない(それは自分の罪悪感が大きいのですが)以上、楽しむための飲み会はなくなり、参加するなら仕事のための飲み会に限られてきます。

で。私はこの、今のカイシャの飲み会というのが嫌いだったんだな、と。

 

別に現職の同僚が悪いわけじゃないんだとは思います。

だけど、ほんとーーに、笑うポイントがわからなくて。

 

人の悪口噂話、上司をいじる風の仲良し感アピール、誰かをいじる行為。

だいたいこの3つで3時間過ごします。恐ろしい。

 

だから、飲み会がつまらないものになってしまってたんだな。

納得。

 

対して昨日の飲み会は。

仕事の反省や、あんなことこんなことできるできないの相談や、とにかく建設的なもの。前向きというのかな。

 

私はやっぱり、前向きかつ行動する人が好きだな。

もっともらしいやらない理由や難しい理由を言うのは簡単。

やってもいないのに、やれると思う、みたいなこと言うのも簡単。(俺ならこのコンテンツバズらせられるとか言う人がいます)

 

難しいのは、宣言して、やること。

やることの方がだいじなので、宣言しなくたってやることの方が尊い

 

気のおけない友人との飲み会で、そんな当たり前のことに気づけました。

 

お友達はほんと大事。

いつもありがとう(彼らはこのブログを知らないけども)