東京育児生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

我慢している事実を盾にしない

育児を始めてから理解したことの一つに、『私はこんなに我慢しているのに!』は、美徳でもなんでもないって説がある。

 

なぜか。

我慢しているのに!と言う時、のに!の後に続くのは、他を非難する言葉であることが多い。

 

・私は寝てないのに、あなたは飲み会楽しめていいご身分ですこと!

・私はここ半年あったかいご飯を食べられてないのに、あなたはいつもマイペースに食事ができてずるい!

とか。

 

「私は◯◯なのに、あなたは××。」

このフォーマット。

なるべく言わないようにしたいけど、なんだかんだでこの思考に基づく発言、よくしてしまう。

主に夫に対して。

 

でも…。

たしかにこれは、発してしまう側の甘えからくるものであるかもしれない。

だけど理由を辿っていくと、我慢を美徳とする文化に課題がありそうに思える。

 

我慢を美徳とする文化は、教育や育児、会社組織や介護など、課題を抱えるさまざまな領域で悪さをする。

 

・水を飲んだらいけない部活動

・定時で帰宅しにくい会社組織

・残業代をつけにくい雰囲気

・シッターを使いにくい文化

・市販のベビーフード<手作り離乳食

・無痛分娩<自然分娩?

例が多すぎて困る。

例えば私は帝王切開だったので、最後に書いた自然分娩を良しとする(一部の人の持つ)考えに、産後は辛い思いをしていた。

 

『よくがんばったんだけどね…』

助産師さんに言われたときは、産後のホルモンバランスがそうさせるのか、この産み方にも育児にもこだわりなしな私が、一重まぶたになるほど泣いたもんでした。

 

それはさておき。

この文章を同僚に読ませたら、たぶんみんな『わかるわかる!』とか言うと思う。

だけどね、全然わかってないよと言いたい。

 

我慢を美徳とする文化は、『苦しいけど、本質的ではないけど、みんなで頑張って乗り越えよう!』みたいな話につながる。

 

みんなで頑張ることは否定しないし、むしろ好きだけど、それとマニュアル化とか機械化から逃げるのは別の話。

 

現職の会社は、その↑考えがない。

なので例えば、マニュアルを元に年収600万の社員も500万の社員も同列に、誰にでもできる事務作業をしている。

(正直500万と600万の間にスキル的な差があるかというと疑問なので、そこはどうでもいいのかもしれないが)

 

とにかく、それも同じ話だよ、ってことで。

事務作業で煩雑に時間を過ごしたことを棚に上げて、なんとなく目立つ仕事をしている人を妬むのとか、まさに冒頭の『私はこんなに…!』の心理だな、と。

 

誰もあなたに我慢を強いてるわけではない。(あなたというか自分も場合もあるが)

もちろん、私がやらなきゃ!というシーンはある、あるけど、そこで主張せずに我慢してやってしまっているのは自分だ。

 

だから、今後の自分のために書いておく。

その我慢は誰に強制されたものでもないし、不満ならば戦うべき。

戦う努力から逃げて、結果我慢に落ち着いている自分の努力(と呼ぶのかわからないが)を棚にあげるのはフェアではないぞ、と。

 

世の中には、戦えない状況の人もいる。

だからこそ、今、戦うことができる私は、そこから逃げてはいけない。という自戒を込めて。