東京育児生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

いつも優しいだけは、真の優しさではない

生まれた直後くらい、息子は肌が弱かった(ような気がしていた)。

今思うと、それは赤ちゃんの平均的なものなのかもしれないけど、私は肌荒れが気になっていて、彼のボディソープはアトピタ、保湿は病院で処方されたものだけを使っていた。

 

そうたしか、市販のベビー用保湿で肌荒れをしたとかそんなことで。

で、一歳数か月の今まで、体を洗う時には泡状で出てくるアトピタを、手でなじませるようにして洗っていた。

 

特に問題なく過ごしていたある日、ポツポツが気になり始めた。

f:id:etankun:20190304002013j:image

おなかとか。

 

画像だとうまく見えないかも…。

背中にも同じようなポツポツがあり、保育園の先生にも心配された。

 

で、病院でわかったこと。

曰く、やさしい洗浄剤を長く使った結果、洗浄成分が物足りず、分泌する皮脂などが洗い切れず、あせものような状態になってしまったのではないか?ということ。

 

解決法は、市販されている古くからあるような固形せっけんでよーく洗う、というもの。

(普通の石鹸普通の石鹸、と連呼されたのですが、なにがいいか迷ったので牛乳石鹸とか?と聞いたらそれでいいとのこと)

 

結果、数日で回復。

人間の体ってほんとすごいし、お医者さんもすごい。

子どもの肌が荒れているとすっごくストレスなので、私としてはとてもハッピー。

 

でね、これって人間と同じだなぁ、とつくづく。

痛みを恐れて必要な議論をしないと、あとでやっかいなことになるとか。

優しくするつもりで重要なことを言わないとか、こっそりやってあげるとかを繰り返していくと、あとでその負債が肥大していくような感じとか。

 

今仕事で直面している悩みに似てる。

 

牛乳石鹸からそんなことを学ぶなんて、育児って奥深いものです。

さあ、週末が始まる。

 

気合を入れていかねば。