30代中盤。妊娠出産育児と新生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

一条工務店と出会ってしまった@住宅展示場

ここ一年の私の変化には、すさまじいものがあります。

①出産
 
それに関連して
②育休(半年の職場からの離脱)を取得
 
それに関連して
④ブログ開始
Google AD Sense開始
 
それにより
⑤働き方や考え方に自由度がアップ
⑥転職が視野に
 
といった具合。
 
妊娠前は、
今ある世界がすべてで、それが仕事を持つにあたって一番いい形だと思っていたフシがある私。
 
つまり、仕事をしたかったら子供はいない方がよくて、職場と近いできれば23区内がよくて、となると自分でメンテの必要がないマンションがよくて、みたいな。
(話とは関係ないけど、子ども産んだら終わりだとも思ってましたし)
 
で、そんな変化のあった私たち夫婦、子ども向けイベント狙いで住宅展示場に行くという、ファミリーの王道を体験してきました。
 
だって、解決ゾロリが来るって聞いたから…。
で、解決ゾロリに出会って泣く息子が見たくて。
でも。ゾロリと記念撮影をするには、どこかのモデルルームを見学するのが必須(そこでもらうシールだかが写真撮影の条件)。
 
ということで、どこでもいいから営業薄そうなメーカーに入ろう、と歩いてみました。
入り口で食べ物(ワッフルとか)を配っているところは最初に除外。
個人的に食べ物で釣るのは最もボリュームが確保できる方法だと思っていて、ボリューム重視で集めた見込み客を顧客にするには?営業でしょう、と。
だから見込み客最大化を狙っていそうなところは却下。
 
そんなわけでフラリと入ったのが一条工務店
入り口でゴリゴリ呼び込みをするわけでもなく、私たちが入ったおうちで言えば、人さえ立っていない状態。
 
ですが、営業マンの方のお話が上手で。
曰く、一条工務店は、
・TVCMをはじめ広告宣伝費をかけていない
・なので知名度は低い
・だから住宅展示場が唯一のお客さんとの接点
・その他の流入チャネルはブログ
・ブログなどで情報収集をして、納得して選ぶ方がメイン顧客
・巷では理系ホイホイと呼ばれている
・自分の顧客にもSEやエンジニア多め
・(顧客30人との話を受けて一条工務店の社歴は?の問いに対し)4年目、とのこと
 
これだけ聞くと、一条工務店いいじゃん!の一択。
一条工務店の営業マン、やるなぁ。
 
とはいえ、私たちはマンション派。
保育園への送迎と会社員であることを考えると、今はまだ広さよりもアクセス利便性を重視したいと思っていて、そうなるとまだ戸建にするイメージはないかな…。
 
今後あの手この手の追加営業を経て、気持ちに変化がでるのか?
はたまた、営業がしつこすぎて嫌いになるのか?
 
今後のコミニュケーションが楽しみです。
 
戸建、しかも注文住宅ともなると、長くお付き合いする覚悟でナーチャリングしていくことが大事だと思ってますが。
どうなんでしょう、一条工務店