30代中盤。妊娠出産育児と新生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

地方在住、意識高くない専業主婦のリアル

仕事の時によく考えていること。

たくさんのペルソナを深掘りしたい。今日はそんな話。

 

生きていると痛感することがあります、無知は怖い。と。

ググれカス、と言う人がいるけど、そもそも知らないことは検索のしようがない。

↑これ、なんとかならないのかな。

 

Googleが、あれほど検索の仕方をTVCMしても(これってすごいことだと思うんだけど)それでも検索しない人はしない。

 

きっとまだ、自然な行動として浸透していないってことなんだろうけど。

 

検索したあとの成功体験がないから?

ネットが遅すぎる?

スマホが扱いにくすぎる?

(今のウェブ検索に親しんでいない人が音声入力ならする、とは思えない)

 

あとは…

根本的な課題はなんなんだろう。

やっぱり、めんどくさい、とかだからなんなの?(メリット)あたりかな。

 

というのも、私の妹は30過ぎ。

私に比べIT親和性は低く、地方に住んでいる。

 

彼女のアプリ使用状況。これがタイトルにつながります。

LINE:使う

Facebook:アカウントは持ってる、だけどほぼ休眠ユーザー

Instagram:使わない

メルカリ:使う

ヤフオク:使わない

twitter:私のアカウントをたまに共有

 

これがリアル。

あれだけ育児アカウントが多くある中で、スマホだけでできるなかで、どれだけ言ってもスナップマート使ってみよう、とかにならない。

(否定しているのではありません)

 

だからきっと、『よくわからない』『めんどくさい』『すぐに結果がでない』このあたりは、サービスを拡大したいすべての担当者が解決すべき課題なんだろうな、って。

 

アーリーアダプターはそんなこと言わない。

まず使ってみる、そして使い方を模索してみる、あるいはオリジナルの使い方を見いだす。

自分がそういう層(アーリー)だとしたら、なおさら気をつけなくてはいけない。

 

人は、自分が思っている以上に面倒くさがりだし、新しいものを好まないし、物質的なメリットがないと動かない。

 

こんな風に、1人の人を起点に、徹底的に考える。

そこから解像度を上げていき、本当に変えるべき小さな社会課題を解決したいな、と思っています。

 

それがたぶん、意外なところでは、『ググって』なのかもしれないな。