30代中盤。妊娠出産育児と新生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

結婚・子育てによって理不尽を学ぶ

結婚ではあまり感じていなかったけど、出産してからというもの、何から何まで生活が一変しました。

 

生活が一変することがわかっていたから、子どもは欲しくなかった。

 

これ以上大切なものが自分の人生にできてしまうこともそうだし、単純に夫婦だけの生活が楽だった、というのもあります。

なにより、怖がっていたというのが本音です。変化を、負荷が増えることを。

 

で、タイトルの件。

f:id:etankun:20180801071425j:image

 

ソーシャル、特にTwitter上での有名人(ご本人もFacebookよりTwitterの方が好きと公言されてましたが)田端信太郎さんの著書、ブランド人になれ!より。

NewsPicks Bookなんですね。

 

イッタラー風に言えば、【首がもげるほど頷いた】って感じ。

 

これ、私が日頃すごく思っていることだったので。

 

私は妊婦期を経て出産し、子持ちの側になりました、と。

そのことを、女が終わったとか、人として?ビジネスパーソンとして?のピークが終わったとか、そんな風には全く思っていなくて。

思いたくない、という意固地な気持ちではなくて、本気で。

 

産前産後の孤独や、それこそ理不尽や、社会と繋がりたいと願ってやまなかったこととか。

それらが今後の仕事人生において価値を持たない、なんて全く思えなくて。

 

田端さんも別の機会に似たようなこと言ってましたが、【そんな経験値を積んだ自分が、そんじょそこらの独身貴族を気取っている青二才に負ける気がしない】と思っていて。

でもこれって、自分で言うことでもないので。特に復職直後は。

 

だけど、自分としてはその心持ちを常に頭の片隅に持ちながら家事育児をし、それを仕事に還元しているつもりです。

 

でも本当、まぁ思うことはあります。

男性に子どもができると、『おっ!これからさらに頑張って働かなきゃだね!』みたいになるのに対し、女性はおそらく真逆の言葉をかけられることの方が多いはず。

(好意的な例では例えば、働き方は柔軟に対応していこうね、とか)

 

仕事ではそんな感じだけど、男と女としての評価は、さらに顕著なものがありますよね。

 

例えば私の実体験。

妊娠初期、ご飯に誘ってきた男性がいました。

先に結論を言うと、その人とはなにも起こっていません。

 

なぜならご飯すら行かなかったから。

行ってたらどうというのではなく、行かなきゃなにも起こるわけがない。

 

というのも。

これは私だけではないと思うのですが、女性が次のステップをふんわりとでも意識するのって、絶対に見た目ではない。はず。

タイプかどうかとかではなく、例えばものすっごい気の利いたアレンジ(お店選びや会話の要所要所でポイントを押さえてくるとか)があれば、いきなり検討圏内に飛び込んで来たりするもので。

 

つまり彼もそうだったのに、ということで。

彼に関しては、あー、これは残念タイプの男性だなと思ったんですよね。

 

日程調整の流れで、『今実は妊娠していてお酒が飲めず』みたいなことを伝えたら。

…その後日程はfixせず!まさかのその件自体がうやむやに。

 

正直だなとは思いつつも、結構、それかっこ悪くない?と思って。

だけど、やっぱり同時期に別の男性でもほぼ同じ流れを踏んだ人がいたりもして。

これが男性の本音だよね、を痛感した妊娠初期のエピソード。

 

大きく脱線しました。

つまり、そうやって『妊娠したら女ではなくなる』みたいな決めつけをする人も、います。いや大半がそうかもしれない。

 

かもしれないけど、一概にそうではないぞと。

なので育休中わたしは意固地になって毎日メイクしてたりしたのですが、そういった努力も含めて、型にはめられなくないぞ、と。

 

子育てによって、例えばメイクを途中で諦め、外出先のトイレで続きをしたり。

ネイルを簡単なものにしたら。

そういうものをダウングレードとする向きもあるのかもしれないけど。

 

でも、そんな中で生まれる葛藤や、自分や他人や、家族の幸せとか、バランスを考えることとか。

自己愛の強さを認識することとか。

そういった経験全てが、仕事に生きないわけがない。

 

そんなことを思いながら仕事をするようになり、そんな自分を評価できないような会社ならいつ辞めてもいいや、と思うようになってから、毎日が少し楽しくなってます。

 

そしてその大きな側面としてあるのがブログ。

もっともっと書きたいことはたくさんなんだけどなー、時間を作らなきゃ!

 

よっしゃ、今日もテンションがあがることだけを張り切っていくぞ。