30代中盤。妊娠出産育児と新生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

振り返り~産後2か月、体重はあと2キロくらい…

sponsored

産後2か月が少し前に経過した。

なので不定期の振り返り。

 

この振り返り、義務化しているわけではないのだけど、月次報告化している。

どうも、一か月の間に調子のいい時も悪い時もあるものの、ブログができるくらいの状態になるのがいい感じで毎月一度はやってきているみたい。

 

※過去の振り返りはこちら。 

 

それでは振り返り!

 

<KEEP>できたこと、維持すべきこと

・保育園申し込み(H.30 4月度)が完了

・パッと見の外見はほぼ戻った

・母乳育児が出来ているので経済的かも?※訓練のため一日一回はミルク

・予防接種スタート

 

<PROBLEM>問題点

・お弁当を毎日作ることができていない

・食生活が乱れ、甘いものを食べてしまうことがある

・授乳やあやすのに時間を取られ、産前に比べ一日の処理能力が落ちた

・旦那さんを恨んでしまったことがあった

  

以下は、前の一か月に発生したTRYとその振り返り

<TRY>次以降試すこと

・筋トレなど、家でできる簡単なエクササイズをする→△毎日何かしらはしている

・その内容を決めて日課にする→×毎日する内容の決定と義務化ができていない

・ブログの精度を高める(ターゲット、内容)→〇内容や方向性は一貫しているが、質は低い

・子育て周りの申請漏れがないかをチェック→×何もしていない

・保育園申請→〇完了

・戻り先の職場検討(転職OR元の会社へ、OR個人で)→〇いったん完了

 

振り返りは以上。

もし4月に保育園に入園できるとしたら、今のように過ごせるお休み期間は実質2か月程度と考えて良いと思う。

大事にしないと。

 

◆所感:育児休暇中の生活

f:id:etankun:20170927161720j:plain

 

育児休暇中はきっと幸せなのだろうと思う。

<ここで授乳とあやしにより一時間中断>

 

だけど、この社会からの隔絶感と、それによる不安には一体どう対処したらいいのだろう。

 

私にとって、恐らく社会からの距離を感じる大きな要因はだんなさん。

産前は私と何ら変わらない社会人だったのに、自分だけが急に所帯じみた物事に関心を持ち、彼は変わらず仕事をしている。

産むのが女である以上、仕方がないことなんだろうか…。

 

 

保育園に無事受かると、きっと今感じているこの思いはきれいさっぱり忘れてしまうのだと思う。

そして二人目にいかない以上、私がこの気持ちを自分ごととして体験する機会はもうなくなってしまうのだと思う。

 

だからこそ、残されたこの期間を、その期間に感じる痛みをしっかり味わいたいと思う。