30代中盤。妊娠出産育児と新生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

夫婦&新生児で初のおでかけ(バス利用)

sponsored

一か月検診直前、生後25日程度の新生児連れでのおでかけ体験について。

役所手続きや母乳外来などで外出はしているものの、商業施設への外出は初めてだったので、記念すべきお出かけらしいお出かけとしてメモ。

 

f:id:etankun:20171026183437j:plain

 

◆新生児は一か月外出してはいけない、基本的には

というのはよく言われていること。

だけど、まぁ実際のところ親の都合で外出しなくてはならないシーンはあるから、そこまで厳密な話ではないと思うが。

個人的な印象では、『女性は体を冷やしてはいけない』くらいの感覚だと思っている。要は、【しないに超したことはないけど、やむを得ない事情もあるよね】というやつ。

※あくまでも個人の感想です

 

◆というわけでお出かけしてみよう!

記念すべき人生初のおでかけらしいおでかけは、お台場に決定。

理由は、単に家からそう遠くない距離であることと、がちゃがちゃした街なので多少泣いても気が楽であろうという判断から。

 

結果、エリアは間違っていなかったように思う。

子連れで外出して初めてわかったことだけど、ショッピングモールの安心感がはんぱではない笑

 

◆初のおでかけ、持ち物は?

さて出かけるとなると、何を持っていくべきか?

事前にそのエリアに授乳室と給湯設備があることを確認した上で、私達が持って行ったものはこちら。

 

・エルゴ(抱っこ紐)

・おむつ3枚…エルゴのポケットに入れることで荷物を最小化

・おしりふき…外出用に、内容量を減らしたものをエルゴのポケットにINしてました

・哺乳瓶…哺乳瓶の中に粉ミルクを入れて。お湯は入れない。

・粉ミルク…同上

 

<不要だったものと必須アイテム>

短い時間だったので、子どものためのアイテムとしては、たったこれだけ。

基本母乳育児をしているので、哺乳瓶以下は不要だったかな。授乳室もあるし。

ちょっとなんとなく、安心材料のために持った感じ。

 

バス利用&新生児という点で言うと、絶対に必要なのは抱っこ紐。逆に恐らくあると邪魔になるのがベビーカー。

首すわり前でも使えるベビーカーとなると、そこそこスペースを取るので、きっとバス(電車であっても)で肩身の狭い思いをすると思います。

実際その日はバスも混雑していて、抱っこ紐だけで外出できる今は楽なんだろうなーと思った記憶が。

 

◆親の服装ってどうした?

抱っこ紐を担当したのは私なので、旦那さんは普段と同じ特別対処することはナシ。

私は、抱っこ紐を着用しやすいように少し意識。

といっても、丈が気持ち長めのトップスを着用したくらい。

授乳という点でも、すっぽりかぶるタイプのワンピは面倒なので、そこも意識したかな。

 

また、大好きなヒール靴について。

妊娠中もそうだけど、ヒールNGとされている理由は主に【転んだら危ない】というもの。

神田うのも妊娠中ヒールを履いて叩かれていたが、そしてその時のコメントにも着火している人がいたが、私も彼女の意見に同意。

『そもそもヒール歴長いから転びません。』って話。

※とはいえ、もちろん私は周りの目を気にしつつなので、臨月にはウェッジソールでごまかしていたが…。

 

で、新生児を抱っこして外出する時も同様の意見を持つ人がいるらしい。

赤ちゃん抱っこして、転んだらどうするの?というやつ。

これに関してだが、今回の外出時に私は気にしないことにし、無事久しぶりのヒールを堪能することができた。

 

かかとの高い靴って、ほんと最高。

 

◆結論:一か月検診前でもお出かけは可能。近場だと気が楽かも。

一か月検診前でも外出は可能、それは当たり前。

その上でなぜ近場がいいかというところについては、もちろん外出時間の長さが子供に与える影響もあると思う。例えば、疲れるとか?

 

ただ、実際に自分がその立場になってみてわかったのは、子供のためももちろんそうだが、新米パパママのためが大きいのかも。

子連れという環境に慣れていないため、少しグズる予兆があるだけでヒヤヒヤしてしまうし、どこに何があるか(授乳室、給湯設備など)も詳しいわけではない。

それが知らない土地や遠方になると、ますます勝手がわからない。

それって結構不安だし、気疲れするかなと思ってます。

 

というわけで、一か月検診前の外出についての私の考え。

【一か月検診前でも外出はできる。だが、親もつかれるので近場にしよう。】

完全に自宅軟禁も、ママのためにもよくないかなと思うのでね。適度に発散しながらゆるく頑張っていかないと。