30代中盤。妊娠出産育児と新生活

妊娠、出産、育児とそれに関わる働き方について。備忘録的に。

妊婦検診:おりもの検査で検出されてしまった(GBS・酵母様真菌)

sponsored

妊婦検診では、おりもの検査を行う回がある。

今回は35週前後に行われたおりもの検査で菌が検出されてしまったお話。

 

おりもの検査って?

通常の内診と同じように、検査台に座り、中に器具を入れて検査される。

器具でおりものを採取し検査。その結果が次回の検診でわかるという流れ。

通常の内診同様、違和感があるものの、痛みがあるわけではない。

 

検査結果はこのように出てきます。

陽性だったので1+と。。

f:id:etankun:20170907192517j:plain

 

 

今回検出された菌は?

私の場合、治療すべきは以下の2つの菌。

 

①GBS

全妊婦のうち、20-30%が保菌しているとのこと。

割と少なくてショック。。

 

で、これを処置せずに出産すると、胎児に感染症などの影響が起こってしまうそうです。

処置すれば問題ないとのことなので、治療を行います。

 

酵母様真菌

こちらも同じく。

 

それぞれの治療法は?

菌によって対応方法が異なるそうで、私はこの2つの対策となりました。

 

①GBS

抗生物質を服用。毎食後3錠。7日分。

また、出産時にも点滴などで治療することもあるようです。

 

酵母様真菌

塗り薬を患部に直接塗布。内診の際にお薬を入れます。

 

結論:おりもの検査で菌が出ても落ち込むな!

いや、私も実際ひやひやしていますし、怖いです。

でも、治療すれば大丈夫、という記事を読んで安心するようにします。

 

過剰に不安になっても仕方ない、はず。。

ただ、薬を飲む治療期間がある以上、出産が早まると不安かも。

 

なので、この薬を飲み終わるまでは出産したくないなと、そんな思いで残りの期間を過ごそうと思っております。

 

余談)

先日尿たんぱくがプラスで不安になった話がありましたが、無事正常な値に戻っておりました。